トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    注意して車に乗っていても自然に付く軽い傷や細かなへこみは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、気にしすぎる心配はないでしょう。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズやしっかりと目で分かるへこみ、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、査定が低くなるのを避けるために個人で直したとしても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。

    複数の査定業者から見積もりを出してもらうことを「相見積もり」と呼んでいます。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、オンラインで簡単に利用できる中古車の無料一括査定サイトなのです。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、時を同じくして多くの買取業者に売却希望車を実際に見積もってもらって、全員に査定金額をその場で提示してもらうことも相見積もりに相当します。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、おおまかに説明するとどんな車種や色であるかの基本スペック、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

    以上のような項目に該当するものがあればマイナス査定していき、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、業者による査定が行われる以前に、できれば純正品に戻しておきたいものです。

    中には例外的なホイールと車の組み合わせもあるかもしれませんが、たいていはホイールは純正品のほうが査定に加点がつくことが多いです。

    きれいな状態を保つために出来れば屋内に大事に保管しておくと良いです。

    状態にもよりますが、他社製ホイールというのはオークションでなかなか良い値段がつく場合も多いのです。

    売却予定の車を査定してもらう場合、たばこの臭いが車内についていたりペット臭などがあるとどうしてもマイナス査定になってしまいます。

    さほど臭わないと思っていてもふだんから慣れてしまっていて他人に言われて改めて気づいた人も少なくありません。

    査定前に誰かにニオイチェックを頼むというのも手です。

    芳香剤や消臭剤、消臭スプレーといった「隠す系」のものでは付着したにおいはとれませんので、拭き掃除を念入りに行い、付着したニオイ成分を除去するようにしましょう。

    車の外観の傷というのは中古車買取業者の査定士によってしっかり確認されます。

    減点対象となるのは誰が見てもわかるような外観の瑕疵であり、言われて初めて気づくような薄いキズ等は特に減額対象としない場合が多いです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性は極めて少数でしょう。

    数年に一度しか使わない個人と大口顧客である中古車屋相手では修理価格は大幅に違いますから、わざわざ高い支払いをするよりは傷ありで売る方がお得です。

    中古自動車を売る場合には、業者に買い取ってもらうのが一般的ですが、対個人で売却する方法もありますね。

    中間業者が入らない分、両者が得なように売ったり買ったりできるのです。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるので手間暇を惜しまない姿勢が必要になりますし、お金に関するいざこざが起きやすくなるのは否めません。

    お金に関しては、なるべく一括払いで払ってもらうようにするとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

    インターネットで必要情報を入力すると即座に結果が分かる中古車一括査定サイトを活用すると、おおまかな査定金額の相場がすぐに判明します。

    じっさいの見積もりの時に価格交渉を念頭においているのであれば予備知識としては大変有効です。

    しかしながら、実際には売却しないだろうけど相場だけ知っておきたいケースで活用するのはあまり良いとは言えないでしょう。

    中古車の無料一括査定サイトを使うと、その直後から非常に多くの売却を勧める営業電話がかかってくるようになるからです。

    本当に売るつもりがない場合、たくさんかかってくる営業電話は全くのストレス源にしかなりません。

    買取業者に出してもらった査定額は、永遠に有効なわけではありません。

    常に変化しているのが中古車の価格相場なので、買取業者はどこでも一定期間の査定額保証期間を設けています。

    査定金額を示されたときにその場で売ることを決心できないときには提示された査定金額通りに買取をしてくれるのは何時までかしっかりと確認しておかなければいけません。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、長期間同じ値段で買い取ってもらいたいと言うのは難しいでしょう。