トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    何社かの買取販売店から査定をしてもらうことを一般的に相見積もりを取るといいます。

    これをいつでも可能にしたのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに売却希望車を実際に見積もってもらって、総合的な見積金額を表示してもらうという意味も含まれています。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    中古車を査定するときに必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、小型と大型車に分別されています。

    学科試験や技能試験に受かることが必要で、半年以上の実務経験がないと授与されないので、この資格を持っていると言うことは、車の査定の腕前が一定以上であることの証明になると言って良いでしょう。

    中古車買取の業者が出してきた査定金額に自分が納得できなかったときに、その場で売却を断っても問題にはなりません。

    さまざまな会社に査定を依頼して比較検討して1円でも高く売れるところを確認してから契約する方が賢い選択です。

    その一方で、現実的に契約を結んでからの売却キャンセルは受け付けて貰えないか、受付可能でも損害賠償金を請求されるケースがあります。

    詳細は取り引きの際の契約書に明記されていますから、全文をしっかり熟読した上で契約するようにしてくださいね。

    実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって買取対象となる車の査定をしています。

    未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じでプラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。

    中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、改造パーツの有無、走行距離などです。

    専門家は多数の車を見てきていますし、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、一目瞭然です。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは自動車の販売は好調です。

    どこの販売店でもそうですが、この時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、このチャンスを逃す手はありません。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのは全般に下がり気味になります。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、価格交渉を終えて実際に売買契約するとなれば、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、婚姻による氏の変更や現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、提出書類は増えます。

    中古車屋に売ると決めたら先に書類を揃えておくのも良いかもしれません。

    日常的に乗っている人がいなくなって、もうすでに車検切れになっている中古車でも売却はできるのです。

    でも、車検が切れている車は一般道路を走ることが出来ません。

    なので、自動車のそばまで出張をお願いして査定してもらいましょう。

    一般的な車以外にも車検切れの車も扱っている業者ならば、ただで引き取りに来てくれる業者がほとんどです。

    一方で、売却する前に車検を通すことはさほど意味がないのでやめましょう。

    事前に車検を通すためにかかったお金の方がほとんどの場合査定に上乗せされる額よりも高くなるからです。

    本来ならば車を売るときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、プロが見ると却って目立ってしまう場合があるので注意が必要です。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

    素人で自動車修理をしたことが無い人の場合は、無理矢理に修復しようと試みずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。

    愛車を売却したときにその場でお金を持って帰りたいときには、売ったお金を即金で受け渡し可能なところをあたると良いでしょう。

    大きな声で即金対応できますと言っていないところでも、即金でお願いしますと言えば対応してくれる業者もあります。

    しかし、即金対応をお願いすると、足元を見られる結果となり、低めの査定額を出されるかも知れません。

    即金で持ち帰りたいのか一円でも高く売りたいのか、自分の意見に近いのはどちらなのかハッキリさせて、後者が上回るのであれば即金対応にこだわってしまうのはあまり良い傾向とは言えないでしょう。