トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、特別に前もって準備することはないでしょう。

    しかしながら、査定した車を売却するとなると名義変更が必要ですから、印鑑証明、および自動車税納税証明など専門的な複数の証明書類が入り用です。

    最近、結婚したり転居したりして車検証や印鑑証明書などの姓や住所が表記と異なる際には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、姓や住所の変更などがあった人は、なるべく早く必要な書類を準備しておくと滞りなく売却が出来るでしょう。

    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースではマイナス査定されることが多いです。

    でも、それを避けようとして前もって自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、修理に要した費用以上にグッと査定金額がアップするとは思えないからです。

    個人修理しようとするよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では車を見積もるときの姿勢に違いがあるということです。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、車を躊躇せずに買い取っていきます。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数でこの車は何年落ちだなどと言います。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなくその車が初めて登録された年数ですからうっかり間違えないように気をつけましょう。

    高年式の車ほど査定額は低くなっていくものですから、10年落ちの車などは値段がつかない車も出てきます。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、裏を返せば、買う人からすれば10年落ちで安い価格帯になっている車の中には状態の良いものもあるわけで、探し方次第では掘り出し物が見つかるかもしれません。

    いつでもどこでもアクセスできるのがネット上にある中古車買取一括査定サイトです。

    いくつかの業者の見積りを短い時間で確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

    とはいえ短所もないとは言い切れません。

    夜中に査定サイトにアクセスして申込事項を送信したところ、これから寝るぞという時に夜間営業の中古車屋などから登録した番号にどんどん電話がかかってきて困ったという人もいます。

    夜の方が都合が良いという人もいますし、迷惑かどうかは個人の事情にもよるのですが、連絡先の選択は注意するポイントです。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    虚偽申告は業者を騙すのと同じことで、その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    そもそも契約書の規定にも申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、専門家目線では余計に傷が浮き出ているような場合があるので注意が必要です。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、見積もりの段階で問題にならないこともあるのです。

    自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には無理矢理自分で補修しようとせずに、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。

    あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうのではなくて、業者ではなくて個人に売るという場合もあるでしょう。

    中間業者が入らない分、両者が得なように売り買いすることができます。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるのでとても面倒ですし、お金に関するいざこざが起きやすくなるのは否めません。

    支払い方法に関しては、分割払いを避けるようにすると後からトラブルにならなくて済むようになるでしょう。

    新車購入時に今まで乗ってきた車の方に値段をつけ、売却代金に充当するのがディーラーによる下取りです。

    同じところで購入も売却も済ませられるので、わざわざ別の中古車買取店に売るのと違い、単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。

    けれども、中古車買取業者とディーラー下取りを比べた場合、下取り価格は業者買取価格より安くなることが挙げられます。

    利益は多い方がいいというのであれば、中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。