トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    買い取りする車を査定する時に、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    基本的に走行距離がアップすればするほどドンドン低く見積もられることになります。

    距離数が5万キロメートル以上走っている車に関しては一般的に多走行車と呼んでいて、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    総走行距離が10万kmより多い車は「過走行車」と呼ばれて、全く査定金額が出ない場合もあるのです。

    知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。

    お金を沢山持っているし、専用の販売ルートもある大手の場合は、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    しかしながら、会社内で取り決められた基準から外れた価格で買い取ることは不可能で、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    大手の買い取り専門店と比較して小規模や中規模の場合は、オークションを利用して一つ一つ手売りする場合が大半なので、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれれば一般的な相場の金額よりも高く評価してもらえる場合もあるでしょう。

    一般的に言って、事故車と呼ばれている「修理歴車」は、査定額が大幅にマイナスになる元となってしまいます。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が同じように修理歴車になるわけではないのです。

    車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても通常の修理歴車扱いにはなりません。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時はあらためて用意すべき書類等はないものの、買い取り先を決めて本契約となったら、幾つかの書類を用意しなければなりません。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、婚姻による氏の変更や住所地の変更などがあった時は必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。

    売却の意思が堅いのでしたら早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。

    忙しい人には便利なのが24時間アクセスできるインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。

    一度入力すればそれだけで何十社もの買取査定額をチェックできてしまうのですから非常に助かります。

    とはいえ短所もないとは言い切れません。

    たとえばウェブだからと夜中に査定を申し込むと、深夜でも電話対応している業者から突然、電話が殺到したりする可能性もゼロではありません。

    営業努力とはいえ迷惑ですので、登録する電話番号は選んだほうが良いでしょう。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、よく過走行車と言われ、一般の中古買取店などで査定してもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    値段がつかないという点では、事故車も同様です。

    そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、多(過)走行車や事故車を専門に扱う中古車屋に打診するというのもありです。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

    いわゆる事故車だとか総走行キロ数が10万kmを越える車だと、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

    けれども対処法がなくなってしまったわけではありません。

    少々面倒ですが廃車手続きをすれば自動車税の還付を受けることもできますし、過走行車や事故車専門店に相談するというのもありでしょう。

    そのような店舗は使える部分の有無を見ていき、見積もって買取価格を提示してくれるのです。

    時間と労力、金額のどれを優先するかを考え、納得のいく方を選ぶことが大事です。

    車を買い換えたいときに、ディーラーに下取りに出すのと買取業者に売るのとのどちらがいいかは、何を一番に考えるかで変わってきます。

    とにかく簡単に手続きを済ませてしまいたいのならば、ディーラーに下取りに出した方が簡単です。

    中古車の売却と新規で購入することが同時にできてしまうので、手間がかからないのが良いでしょう。

    時間や手間を惜しむのではなくて、少しでも高価に中古車を買い取ってもらいたいのならば買取業者に出す方が良いでしょう。

    一社ではなく、たくさんの会社で査定してもらうことで、一円でも高く買い取ってもらいたいという要求を叶えることができるようになります。

    車を売却しようとして見積もりに出す際に前もって良く洗っておく事は、直接的ではありませんが幾らかでも高額に見積もってもらいたいと考える全ての人に実行してもらいたいことです。

    じっさいには車が洗車してあってもなくても、ほとんど査定アップには繋がりません。

    査定額アップに直接は結びつかなくても、車を大事に扱う人だと言うことを結果的にアピールすることに繋がるのです。

    車の扱いが丁寧でない持ち主よりも業者側の受けは確実に良いでしょうから、最終的に査定額が高く付くことになるでしょう。