トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    なるべく多くの中古車買取業者に買取査定を依頼してから売る店を絞り込んでいくのが、なるべく高く車を売却する上で注意することのひとつと言えます。

    同じ時に多数の店舗のスタッフに来てもらい、価格競争をさせるというのも自分にとって有利になる手段です。

    マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、気に病む必要はありません。

    それから話は変わりますが、いざ契約となった時には取り引きの際の契約書の中味はきちんと読み込む事が大切ですね。

    中古車買取専門店での査定の際には、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと査定にプラスされることが多いようです。

    ただ、最近発売されている車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないとグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    カーナビシステムが標準的になっている現代において、車にカーナビがついていない状態では査定額をダウンさせられてしまう可能性もあるでしょう。

    中古車の査定額の概要を確認したいときに、インターネットを通して車の一括査定サイトを活用してチェックする方法も存在しますが、売りたい自動車のメーカーのウェブサイト上で見積額の参考値を確認することが可能です。

    その自動車メーカーのサイト上なら名前などの個人情報を全然記載せずに車種や年式だけで確認可能なところもあるので、一括査定サイトを活用した場合のような一斉に電話攻勢が始まる危険性はないでしょう。

    車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、いざ査定というときにバタバタすることもなく、結果的に良い値段で買い取ってくれることが多いです。

    例えば掃除なら、誰にでも出来ることです。

    また、パーツを交換しているなら純正パーツを保管してあるのなら本来の姿に戻しておくべきです。

    中古車買取りの現場ではメーカー純正品を装備した車のほうがプラスの査定がつく傾向にあります。

    それと、短い時間で売却したいなら売却先を決める前に契約時に要求される書類を用意しておくと手続きがスムースです。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が金額的に有利だという意見は根強いようです。

    暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、業者が見逃すことを期待しているのです。

    現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でもなるべく多数の業者から見積りをとるほうが利益は大きいのではないでしょうか。

    ひとつの契約のために複数の業者に張り合えば、自然と査定額もアップするでしょう。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時にこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、契約書によく目を通して内容を把握することです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書はサイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった契約金額に関する文章は納得がいくまできちんと読むことが大切です。

    口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上で契約するのが本来あるべき姿なのです。

    自動車を手放す手続きをする際には、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、車庫証明の手続きをしなければしけません。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

    初めてのことでしょうから面倒と言えばそれまでですが、手数料の節約になるため、自分で行っても良いでしょうね。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、必要書類として自動車の売買契約書があります。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、総走行キロ数が10万kmを越える車だと、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    あとは個人でできることといえば、自分で廃車手続きをして先に支払った税金の還付を受け取るという手もあれば、そういった車の扱いに長けた専門業者に依頼するといった手段も残されています。

    車単位でなくパーツ単位で査定するのが専門業者の特長で、部分ごとに値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    簡単さでは専門業者に勝るものはないですし、納税したばかりなら自分で廃車手続きするのもありです。

    どちらにせよ、自分自身がこれならいいと思う方法を選ぶことが大事です。

    中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、自動車は個人売買するのが最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    前者に関しては双方で決めた期日までにしっかりと名義変更してくれるように紙にしたためることで解決します。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとしてそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、一括払いだけで対応することでトラブル回避できます。