トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    ネットで簡単に見つかる中古車一括査定のページを使用すれば、売却予定の車の見積もりの相場が瞬時に分かりますから、やって損はありません。

    スマートフォンなどからでも利用可能ですので、休み時間や電車などの移動中などちょっとした空き時間で有益な情報が得られます。

    しかしながら、注意点があって、申し込んだ買取業者から一気に電話攻勢が始まりますから、このような電話攻勢が気になるのならば、メールのみで連絡可能なサイトを利用すると良いでしょう。

    個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合に短所になることと言ったら、一括査定サイトに登録されている会社からすぐさま一度に電話攻撃されることが挙げられるでしょう。

    一番はじめの段階ではこちらからアプローチしたのですから、一概に悪いことだとは言えないでしょう。

    しかし、非常にしつこく困ってしまう場合には、車を売る決心をしていなかったとしてももうすでに売却してしまったのだと言うことが比較的簡単に電話攻撃を終了させる手段だと言えます。

    一般的に、買取業者から中古車売買に関する査定書を出してもらうことは難しく、望んでもくれない場合が大半です。

    遺産相続の手続きの際や、自己破産申告を行う際の資産証明などで車の査定書がどうしても必要になった時には、日本自動車査定協会、通称JAAIに中古車の査定を申し込まなければなりません。

    協会の事業所は日本国内に全部で50ヶ所以上あり、有料での査定になっています。

    それから注意点としては、前もって予約が必要になることです。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、買取のための査定を行う時点で確認される部分です。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、舗装の巻き上げ等でつく小傷などはチェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないようです。

    査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性は極めて少数でしょう。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    10万キロ以上走った車というのは、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、一般の中古買取店などで査定してもらっても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

    それならディーラーも先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、一口に全損といっても2種類に大別できます。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    事故などの際、車両保険から支払われる額は、流動的な市場評価額を基準にどんどん変わっていきます。

    自動車保険を扱う会社はJAAI発行の冊子をベースに適正な金額を算定します。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    頑張って複数の会社に査定してもらったのに引き取ってもらえなかった場合、多走行車や事故車など廃車寸前の車を主に扱う業者に声をかけてみるのもありです。

    どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら使えるパーツ単位で査定していくため、値段もつきますし、引き取れないと言われることもありません。

    それ以外には廃車しかありませんが、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。

    プロに頼む利点は、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも車の処分費が無料ということです。

    誰もが名前を知っている外国製の車でも、国産車の販売台数には到底及びませんので、業者次第でかなり査定額に違いが出ます。

    言われるがままに売って大損するケースも外車にはよくあることです。

    査定を依頼するなら輸入車専門の業者にした方が、専門を謳うだけあって販売の目処も立ちやすく、場合によっては高額査定も期待できます。

    とは言うものの、輸入車専門店というのはそれぞれ得意とするメーカーや車のタイプなどは異なります。

    中古車の売却のための一括査定サイトなどもありますから、そういった情報を参照しつつ、業者を絞り込んでいくことが肝心です。

    自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

    但し、この数値はあくまで目安ですから、年式が古い車の場合通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    愛車を売ろうという場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないと調子を崩すことが多くなってきます。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。