トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、あれこれ必要書類をかき集めることはしなくて大丈夫でしょう。

    実際の車売却時には名義変更手続きが伴うため、印鑑証明書や自動車税納税証明書などの何枚かの証書が必要になるでしょう。

    引越や結婚などで姓や住所の変更があり、印鑑証明書や車検証の内容と違う表記になっているケースでは追加の書類が何枚か必要になってくるので、スムーズに売却するために、事前に準備しておくとベターですね。

    ほんの少しでも安く買取をして、ほんの少しでも高く売却するのがプロの中古車買取店のスタッフの仕事の内容です。

    プロの営業マンのセールストークを鵜呑みにするのもどうかというところがあって、本当ならもっと高く売れたはずなのに損する場合だって考えられます。

    前もってその車の査定金額の相場が何円相当かしっかりと調査しておいて、事前に知った相場金額よりも低く見積もられたら交渉するつもりでいると営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。

    知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、業界大手の会社と中から小規模の会社では車を見積もるときの姿勢に違いがあるということです。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、積極的に買取を行っていきます。

    しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、査定金額に対してあまり個人で価格交渉できない場合が多いです。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、その車を査定した従業員の判断に任される部分が大きいので、これはイケるだろうと思ってもらえれば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    実車査定を受けるために、わざわざ車で買取り店舗まで行く方法以外に、家などに出張して査定してもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    ほとんどの買取業者は無償で出張査定を行っています。

    ということは、同じ時間帯に複数の業者に来てもらえば、いわゆる相見積もりの状態にすることも出来ます。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、高値で売却できるメリットがあります。

    中古車の売却を考えている場合、査定を受けるために買取業者の店舗に現物を直接持ち込むのは得策ではありません。

    同業他社の査定額を比較することもなしに来店すれば、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。

    あえてメリットを挙げるならば、売却にかかる時間が最短で済むということです。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、あらかじめ書類一式をそろえて印鑑を持っていけば乗り付けた日のうちに契約なんてことも充分可能です。

    一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、あとに残された選択肢は多くはありません。

    廃車にするまで乗り続けるか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    廃車買取専門店というのは、買取後に車を売るわけではなく、使えるところは分解してでも使うというやり方で利益を得ています。

    ですから、よそで引き取ってもらえないような車でも相応の値段をつけられるわけです。

    業者は廃車手続きの代行もしてくれるので、どうしたら良いか分からないという人でも安心です。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、旧型の自動車の場合には大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

    愛車を売ろうという場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと却って不調になることが多いのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。

    新しい車を買う時に古いほうに値段をつけ、売却代金に充当するのがディーラーによる下取りです。

    購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、買取業者を利用するのにくらべると時間も労力もかなり減らすことができます。

    そのかわり、中古車買取業者とディーラー下取りを比べた場合、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくといった違いがあります。

    高値売却を望むのでしたら、中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    何点かの書類が必要だといっても、車関連の書類をなくさずにひとまとめにしていて、プラス住所や苗字の変更がないのであれば、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて自動車購入の際にも入り用になってきますから、二枚同時にまとめて取得しておくと手間がかかりません。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、あとから売買の手続きがスムーズに行くことを実感できるでしょう。