トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    もちろん程度問題ですが、タバコの臭いが車内にこもっているときには中古車査定時に減額される事になるでしょう。

    車内に喫煙の後が残っている車は、中古車を禁煙車として買おうと思っている方には売ることは至難の業だからです。

    この煙草の臭いの元は、内装のどこかに付着しているヤニ汚れですね。

    中古車買取店に持って行く前に車の中を入念に清掃すれば、大幅に臭いを抑えることが出来るでしょうね。

    インターネット上には複数の業者に中古車を一括査定できるサイトがあります。

    そして、その中には、個人の名前などの情報を記載せずに査定可能なサイトもあります。

    結果を連絡してもらうために結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、できれば最小限の個人情報しか教えたくないケースでは良いでしょう。

    それから、電話なども公開せずに相場が前もって分かるためには、売却予定の車種などを製造メーカーのホームページの専用フォーマットに入力すれば、今のその車の相場の概算を知ることが可能です。

    でも、算出された価格はおおざっぱなものですから、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、幾らか見積もりが高くなると言う話があるようです。

    雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんからキズや汚れなどがあっても分かりづらくなると言うのが理由となっているようです。

    しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど経験不足の査定士がいるわけではないのです。

    却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。

    いままで乗っていた車を売却すると、次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    電車やバスなどで凌げれば構わないかもしれませんが、車がないと困る人は必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    実際、代車の手配はどこの買取り業者でもやってくれるかというと、そうでもありません。

    次の車の納車まで間が空きそうなら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

    車を査定する際には車の所有者が必ずその場にいなければいけないとする規定は聞いたことがありませんが、車の持ち主がいない場所で起きがちな問題をあらかじめ防ぐために、時間を作ってでも所有者本人が査定に立ち会うべきです。

    悪質と決めてかかるのはいけませんが、ひどいのに当たると、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、こっそりキズをつけて不当な安値で買おうとする業者もいるようです。

    車の査定を一社でなく複数の業者にさせるというのは、高値で車を売却する秘訣といえます。

    しかし「多くの業者」と言っても具体的な数となると、3社の結果で満足する人もいれば不満が残る人もいるので、主観が入る部分もあるかと思います。

    だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、相場を知って買い叩きを回避するためと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

    そこさえ押さえておけば、どれだけ多くの会社に依頼しようと問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

    今まで乗ってきた車を中古車業者に売る際に所有者がすることは、少なくとも2つあると思ってください。

    ひとつは査定サイトなどを活用して市場動向を把握することが大事です。

    中古車の相場に疎ければ、足許を見られて買い叩かれる危険性もあるわけで、それを避けるためにも絶対に相場知識は必要なのです。

    あと一つしておくべきことは、車磨きです。

    といってもボディはそこそこで構いません。

    重点ポイントは車内です。

    少しでも車内に匂いがあると、第三者にはすぐ分かりますし、当然ながら減点査定の対象となります。

    個人で所有する車を手放す時に、買取業者に売却するのではなくて、個人売買という方法も存在します。

    中間業者が入らない分、売却する側はなるべく高く、購入する側はなるべく安く売買可能になるのです。

    両者が得をする売買形式であるとは言え、全部の手続きを個人同士が行いますから手間暇を惜しまない姿勢が必要になりますし、お金の支払いに関するトラブルが多くなる可能性が高いです。

    お金に関しては、なるべく一括払いで払ってもらうようにすると後からトラブルにならなくて済むようになるでしょう。

    自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。

    じっさいに利用可能なバスや電車などが自宅の周りに多く存在し、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば売り払ってしまうことで大幅な節約になるでしょう。

    自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    これらを総合的に見ると、1年間で何十万円もかかっているケースもありますから馬鹿にならないのです。