トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    プロのスキルを持った中古車査定士にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。

    本当のところは事故車や修理歴のある車であるのに、低く査定されるのを恐れて嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、嘘をついてしまったという事実で信頼関係を担当スタッフと築こうなんて事はもう無理難題です。

    結果的に、厳しい見積額を提示される可能性が起こっても仕方ありませんから、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。

    これから売却しようと考えている車に全く馬鹿にしているような査定金額を算出して示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    査定の申し込みをしたからと言って、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。

    一番はじめの査定金額では嫌だと言うとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、その店にこだわらなくいても、ほかならもっと高値で売却可能かもしれないですよね。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    売買予定の車の見積額が下がってしまう要因には幾つかあるのですが、一番確実に査定金額が低下する原因になるのは、売却予定の車が事故車や故障車で修理したことがあるケースです。

    車によっては査定金額が0円まで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    でも、故障および事故で修理したことがあると修理歴車と必ずなってしまうとは限らず、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、大きな傷跡を修理して直してものを修理歴車と呼んでいるのです。

    車をディーラーで購入して下取り制度を利用するのなら、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、下取りに出す代わりに自分で買取業者を見つけて売却する時は、話は別で、新車納入まで引き取りを待ってくれることはまずありません。

    代わりに自転車や公共交通機関が使えれば良いのですが、そうでない場合は訪問査定等を申し込む際に契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。

    うっかりしていると業者次第で取扱いの有無は変わるので先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に何年落ちといった言い方をするものです。

    勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なく車検証の「初度登録年月」ですからうっかり間違えないように気をつけましょう。

    高年式の車ほど査定額は低くなっていくものですから、10年落ちの車などは驚くほど低価格になりかねません。

    売っても儲けは僅かでしょうが、もし購入する気持ちで考えてみると、10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    虚偽申告は単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

    そうなると価格交渉どころではありません。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は法律的には告知義務違反となり、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。

    それに契約書をよく読んでいくと申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    もう完璧に動かすことができなくなった不動車でも、はじめから売ることをやめてしまうことはありません。

    その自動車にもまだまだ価値があるかも知れないのです。

    部品単位でみればこれからも新品同様に使えるパーツがあるかも知れませんし、まだ動くパーツに価値を見いだしてくれて買取してくれる会社はあるのです。

    一般的な中古車買取店では不動車を扱わないケースも多いため、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

    自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。

    公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば売りに出してしまうことで家計がかなりスマートになるでしょう。

    維持費の内訳を見てみると、自動車税や自動車保険料、車検や定期検査の代金、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    全ての合計を見ると、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。

    オンラインで必要情報を入力するだけでOKな中古車の一括査定サイトを使うと、おおまかな査定金額の相場がすぐに判明します。

    本当の査定の時に自分で価格交渉をしようと思っているのであれば予備知識としては大変有効です。

    逆に、売却はしないだろうが相場だけちょっと知っておきたいという時に無料中古車一括査定サイトの活用はいささか面倒なことになります。

    中古車の無料一括査定サイトを使うと、その直後から非常に多くの売却を勧める営業電話がかかってくるようになるからです。

    実際に売却する予定がなかったのならば、たくさんの電話攻撃は辛い思いをするだけです。