トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    注意して車に乗っていても自然に付く軽い傷や細かなへこみは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、気にしすぎる心配はないでしょう。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズやしっかりと目で分かるへこみ、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、査定が低くなるのを避けるために個人で直したとしても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。

    複数の査定業者から見積もりを出してもらうことを「相見積もり」と呼んでいます。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、オンラインで簡単に利用できる中古車の無料一括査定サイトなのです。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、時を同じくして多くの買取業者に売却希望車を実際に見積もってもらって、全員に査定金額をその場で提示してもらうことも相見積もりに相当します。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、おおまかに説明するとどんな車種や色であるかの基本スペック、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

    以上のような項目に該当するものがあればマイナス査定していき、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    10対0で先方に過失があって追突され、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。

    のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。

    本来の価値との差額に相当する部分を保障するよう、事故の当事者である相手に求める場合、ケース別に判例が多すぎてなんとも言えません。

    また、保険会社としては当事者間で話し合いがついたとしても何ら支払いをしてくれない場合が多いです。

    裁判を起こすことも考慮しつつ、弁護士と対応を話し合う必要があります。

    タイヤが古くなってスリップサインが出るようになっても、わざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、売却後に業者のほうでいまどき風のタイヤに付け替えることがザラですから、投資するだけもったいないです。

    タイヤの状態の悪さはたしかに減点対象ですが、買取額への影響はあっても極めて少ないです。

    タイヤを新品に替えたとしても逆に損するケースがほとんどです。

    一般的に年度末で決算でもある3月や夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

    どの中古屋でもこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

    売る時期を特に決めていないのであれば、9月というのはまさに売り時です。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのは全般に下がり気味になります。

    車を買い換える際に古い車が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    同時に売却と購入ができてしまうため、いちいち買取業者に売りにいくのと比較するとスピーディーかつ手軽に車の処分ができます。

    とはいえ、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくという事実があることは忘れてはいけません。

    高値売却を望むのでしたら、下取りには出さずに買取業者に査定を依頼しましょう。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば売り払ってしまうことでかなりの節約になること請け合いです。

    そんな維持費の内容を見てみると、自動車税や自動車保険料、車検や定期検査の代金、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    以上の合計金額を計上すると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    もう既に支払い済みの自動車税が残りの月数分返却される事があり、これは通常の普通自動車を買取に出したりしないで廃車にしたときです。

    普通自動車ではなく軽自動車の場合には、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。

    しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    できれば売却する前に確認をとっておいた方が良さそうですね。