トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    所有する車を買取に出そうと思案したときにお勧めしたいのが、無料一括査定サイトを使って査定する事がうまい選択肢でしょう。

    複数の業者の見積もりを一度に比較検討出来ますから、自分であれこれお店に行って査定してもらわなくても高値で取り引きしてくれる会社を選び取ることが可能なのは勿論ですが、それにも増して自分の車種の資産価値がおおよそ現時点でどのくらいの金額になるのかの目安がすぐに分かるのです。

    売っても良いかと考え中の中古車に全く馬鹿にしているような査定金額を出されたら、売らないと突っぱねることもできます。

    査定の申し込みをしたからと言って、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    提示された最初の価格ではうなずけないと言うとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。

    自分が嫌だと思ったならばハッキリと断りましょう。

    何も中古車に関してだけとは限らないでしょうが、査定額の相場は日ごと上下が激しいです。

    夏期にはオープンカーに乗る人が増えるので、陽気の良い季節が良いなど、ある種類の車は相場の高低差がつきやすい季節や地域性が絞られてしまうことも出てくるのです。

    その一方で、全部の車種に共通しているのは、大概初年度登録から経過した日数が過ぎていない方が相場は高くなります。

    売り払うことを決めたら一日でも早く行動した方が高額査定してもらえることでしょうね。

    査定にはあらかじめ決められたガイドラインがあり、査定士はそのチェック項目に従って買取対象となる車の査定をしています。

    項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点と減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、ボディの傷、ヘコミ、修復歴とその状態、他に忘れてはならないのは総走行距離数です。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、バレずに済むはずがありません。

    簡易査定後に実車査定を受ける段になると、金額を提示した業者は即決を促すでしょう。

    ここで即決なら買取金額を幾らアップしてもいいなどという熱心な営業が展開されますが、即断するのは間違いです。

    車を売却する際はより多くの買取業者から見積りを集めるのが好条件で買い取ってもらうための基本です。

    当初の予定通り複数の買取業者に見積もり金額を出してもらうことが大事で、各社の金額を見比べた上で交渉しても遅くはありません。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながら車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、あとで査定手数料をとられていたことに気づいて憤慨することにもなりかねません。

    下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。

    業者の無料査定を経験した人ほど費用面のことは失念しやすいですから、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをはっきり聞いておくべきです。

    無償ではないことがわかれば、かけあいの仕方次第で金額が変わることがあるからです。

    中古自動車の売却の時には、あらかじめ故障している場所があるなら正直に申告するようにしましょう。

    故障箇所の申告は必要でも、修理することは必要ありません。

    故障箇所の状態によってはマイナス評価を受けることになりますが、それでも前もって修理に出しておくことはむしろ修理をすると損するのです。

    買い取った後でお店側が修理に出すときにかかる費用と個人が修理するために出す費用では、買取業者が修理依頼する方がかなり安くなるのです。

    ですから、実際の修理費よりも査定額に反映される金額の方が少なくなってしまうのです。

    自動車を手放す手続きをする際には、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    でも、新しく購入した車に関しては、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、トライするのも結構ですね。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、必要書類として自動車の売買契約書があります。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、買取業者などに売却することは可能です。

    本来提出すべき書類に加えて、現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    ただ、所有者が故人のときは、こうした書類を揃えることは不可能ですから、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合はかなり手間がかかると考えて間違いありません。