トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定額が高めに出る傾向があります。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングによりアップダウンするため、人気のある特定のボディーカラーが査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    一般的に、中古車査定業務において必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、大型車、小型車の二種類存在しています。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと与えられませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

    雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、少々査定額が高く出るという話があるようです。

    雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんから査定する車の汚れやキズなどのマイナス要因が判別しにくくなると言う理由からまことしやかにささやかれているようです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど業者はスキルが不足しているわけではありません。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。

    どの中古屋でもできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、このチャンスを逃す手はありません。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのは全般に下がり気味になります。

    現在使用中の車を売ってしまうと一時的に(次の車が納車されるまで)車が使えない期間が生じるおそれがあります。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、どうしても車が必要だという人の場合はかわりに代車を手配してもらわなければなりません。

    ただ、代車の手配というのはどこの中古車屋でもしてくれるわけではないので注意が必要です。

    もし必要だと思ったら、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

    車を売りたいので価値が知りたいという人は多いでしょう。

    その際、プロの査定を受けるやり方は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    一番多いのはディーラーによる下取りで、これは買い替えが大前提です。

    簡単ですし新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古車買取業者の査定より安めの価格になってしまうという欠点があります。

    あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。

    品物を欲しいと思う複数の業者間で競争原理が働くので、ディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。

    自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。

    公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、車がないことで相当の不便がなければ手放すことで大幅な節約になるでしょう。

    車を維持するためにかかる費用の内容としては、自動車税や保険料、さらには車検代、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    全ての合計を見ると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    いわゆる白や黒の定番色は市場で人気が安定しているので、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。

    その上、シルバーは定番色であることにプラスしてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

    それとは逆に、これら以外の色では、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、流行は一時で、買い取ってから売るまでには流行が終わっている可能性が高いからです。

    インターネット上に存在する中古車一括査定サイトを利用すると、価格の相場があっと言う間に分かるので利便性が高いと言えます。

    そうは言っても、実際の売却価格までは実査定を終了するまでは知ることが不可能です。

    売却予定の車にあとどれくらい車検期間があるかや、外装や内装の状態などによって、現実の価格はかなり変わってくることが当たり前なのです。

    車売却の際には、一括査定サイトの相場価格を過信しすぎないように気を付けましょう。