トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    幾らかでも高く自分の車を査定してもらいたいのなら、売却は即決しても構わないという思いを前面に押し出すことです。

    何となく査定してもらうけども車を実際に手放すのは先になるだろうという相手よりも、そうと決まれば直ぐに売却可能ですという相手の方がスタッフにとって心強いものです。

    直ぐに売る意志がある人だと分かったならば、他社に取られる前にうちで取り引きしてもらおうと査定額をアップしてくれる可能性が高くなります。

    特別に車の査定に関してだけではなくて、どんなことにでも同じ事が言えると思いますが、絶対否定的な意見というものがあります。

    何個かの否定的なレビューを見付けたとしても、それらの悪い口コミにだけ左右されると結果的に何も手に付かない事になるでしょう。

    皆さんのレビューはあくまで参考程度にとどめて、先ずは自分から無料の査定申し込みを行ってみて、査定時に自分で持った感想で判断していくことが最善の方法なのです。

    乗っている車を売ると心に決めたら、最初にした方が良いことといったら、その車が今大体どの程度の資産価値があるかを知ることです。

    相場が判明していれば買いたたかれてしまう可能性を回避することが可能ですし、事前に調べた相場よりも高値で取り引きしようとしてくれる業者にその場で契約を決めてしまうことも出来てしまうのですね。

    オンラインで沢山の業者に中古車一括査定を申し込めるところがあるので、このようなホームページで相場の値段を知ることはとても簡単です。

    売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほどさほど価格に影響を及ぼすものではありません。

    ただ、タイヤがスタッドレスのときはひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。

    スタッドレスは高価ですが、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的にはノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してから販売する必要があります。

    つまりそれだけ引かれた額が買取額となります。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして5年落ち、10年落ちなどと呼びます。

    その場合、製造年は無関係で、初年度登録(車検証を見るとわかります)がベースなので間違えないようにしましょう。

    当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    売っても儲けは僅かでしょうが、裏を返せば、買う人からすれば状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    スリップサインが見え始めたような使い込まれたタイヤでも、買取業者に見せる前に新しいタイヤに履き替える必要はないでしょう。

    車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、売却後に業者のほうで別のタイヤに交換してから売るのがほとんどだからです。

    タイヤは交換が容易な消耗品ですから、車全体の査定額に及ぼすマイナスは所有者が思っているほどは「ない」ということです。

    タイヤを交換するなと言うわけではありませんが、もし交換しても得することはほとんどないでしょう。

    通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、年式が旧型ならば大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

    愛車を売ろうという場合には走行距離数が少ない方が有利です。

    走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいるとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。

    中古自動車を売る場合には、業者に買い取ってもらうのが一般的ですが、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    売却側と購入側に中間業者が介入しない分だけ、売却側と購入側双方が得するように売ったり買ったりできるのです。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるので手間取ることが目に見えていますし、金銭関係でトラブルになるかも知れない可能性が高まります。

    金銭面に関して言えば、極力一括払いでお願いするようにするといざこざに発展する可能性が低くなるでしょう。

    自分で所有する車を売ろうとするときには、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

    車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、自分で行っても良いでしょうね。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、必要書類として自動車の売買契約書があります。