トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    査定の専門家には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。

    修理歴のある車だったり事故を起こしたことがある車なのに、査定金額が低くなってしまうのが嫌で事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、口からでまかせを言ったことが災いして信頼関係を担当スタッフと築こうなんて事はもう無理難題です。

    その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性もあってもおかしくないので、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

    中古車を査定してもらうときに、ちょっとでも高値で査定してもらいたい場合、即決で売却しても良いんだという意志を強くアピールすることです。

    何となく査定してもらうけども多分売却はすぐにしないだろうという相手よりも、提示した金額に納得すれば直ぐにでも売りますという相手の方が中古車買取業者にとってありがたいでしょう。

    直ぐに売りたい意志のある相手と分かれば、ほかの業者に逃すまいと高めの見積もりを示してくれるかもしれないでしょう。

    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、ちょっぴり高値で見積もってもらえるという噂があります。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして車体の傷などが見えにくくなると言うのが理由となっているようです。

    でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど経験不足の査定士がいるわけではないのです。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    タイヤが古くなってスリップサインが出るようになっても、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。

    もともとタイヤというのは消耗品と考えるのが普通ですし、買い取ったあとに販売店のほうで別のタイヤに交換してから売るのがザラですから、投資するだけもったいないです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額は所有者が思っているほどは「ない」ということです。

    せっかく交換しても査定でトクをすることは、まずないと覚えておいてください。

    自分に落ち度はなくても追突され、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。

    ただ、それだけでも深刻なのに、事故歴があるとして下取りでも買取査定でも、事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。

    では、その損失分を事故の相手方に払ってもらえるのかというと、交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。

    それに事故について本人同士で何らかの合意に達したとしても、自動車保険会社からすればそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所と対応を話し合う必要があります。

    もはや修理もできない状態の車を「全損」と言いますが、同じ全損にも2通りあります。

    修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、常に変動する市場評価額に則って算出されます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は価格を割り出します。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、凹みやキズなどがあるボディよりも無い方が高く査定されるでしょう。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうような場合があるので注意が必要です。

    故意に付けなくても自然に付いてしまうようなとても薄い傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

    全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、大変な思いをしてまで補修しようとせずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、プラス査定になることが多いです。

    さらに、定番カラーであるシルバーは車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、流行は一時で、買い取ってから売るまでには流行が廃れているかも知れないからです。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印が必要になってきます。

    仮に納税証明書をなくしてしまった場合には、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いする場所が違うのです。

    一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けば良いですし、それ以外の軽自動車のケースでは役所の窓口で再発行してくれます。