トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    中古車買取において、業者に査定依頼する際に必要になる書類は、車検証、及び自賠責保険証明書の2通のみなので、特別に前もって準備することはないでしょう。

    しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、その上、自動車税納税証明書、および印鑑証明書などの複数の証明書類が入り用です。

    最近、結婚したり転居したりして車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには新しい住所や姓に直すための書類が追加で必要になってくるので、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。

    オンラインの車一括査定サイトを使うときに気を付けなければならない事のひとつに、査定金額トップのところが絶対的に最良店舗だとは言いきれないということがあるのです。

    複数の業者の買取査定金額を比べた際、査定金額の平均よりも一段飛び抜けた高値を表示してくる店舗があればちょっと注意した方が良いです。

    実際に買取を行うときに、売買契約を取り交わした後から何だかんだと言われて事前に見積もった金額よりも実際の買取額が極端に低くなるかもしれないのです。

    修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。

    そしてこの修理歴車は査定額が大幅にマイナスになる要因となってしまいます。

    でも、以前修理したことがあるすべての車が修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしても修理歴車とは呼ばないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。

    改造車というのは中古車査定では不利と言われますが、状態やニーズ次第です。

    例えば改造パーツが流行りの品物であったり現在も人気が高いのならプラス評価になる場合もあります。

    けれどもその部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、減点は避けられません。

    それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、マイナス要素になりえます。

    そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、市場ニーズのあるパーツはカスタムショップやオークションで売ると良いでしょう。

    数々の査定実績のある買取業者からすると、個人レベルでいくら工夫しようとその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    事実を隠すという行動は単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

    金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    それに事故歴や修復歴を偽るのは法律的には告知義務違反となり、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    実際、契約書の中にもこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

    見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを受けるにはコツというものがあります。

    むこうが欲しいのは「契約」ですから、金額さえ満足なら即決してもいい位の気持ちがあることを相手に理解させるのです。

    中古車買取業者の立場からすると車の引き取り日が決まればこれからの販売見込みが明確になりますから、こちらからの価格上乗せ交渉が成功する確率が高まります。

    買取業者に行って自動車を売却する際には、故障している箇所があるのならば正直に業者に伝えるべきです。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、予め修理を依頼してから査定に出すのでは反対に損をする結果を招くケースが多いようです。

    買取業者が故障車を修理に出す費用と事前に一個人が故障箇所を直すのにかける費用とでは、業者が修理を依頼する方が大幅に安いです。

    このようなわけで、査定額に上乗せされる金額では事前修理代金がまかなえないのですね。

    買取業者に出してもらった査定額は、永遠に有効なわけではありません。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    車の査定額を見せられたときに売るかどうか判断に迷う場合にはいつまでならその査定額で買い取りして貰えるのか事前に必ず聞いておくべきです。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、保証期間はさほど長くはできないのが一般的ですから無理は押しつけないようにしましょう。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検の残り期間が数ヶ月となると見積額に影響することはほぼなくなるのです。

    しかしながら、査定金額を高くしたいが為に自動車を売る前に車検をする必要はあまりないと言って良いでしょう。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。