トップページ

    このサイトでは事故車の買取で高く売るためににおすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    WEB上で確認できる車の査定額は、やはり簡易的なもので見積もりを出したまでです。

    同様の車種や年式でも車ごとにその状態はまちまちですから、詳細な見積額というのはその車を目前でチェックしなければ算出できないのです。

    このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が必ずしも実買取時に同じように示される訳ではないので、この点を事前に覚えておきましょう。

    通常、大多数の中古車の買取専門店では、査定にかかる時間は待ち時間を除外すると約10分少々で済みます。

    それほど時間がかからないのは、その車種毎に今の時点での中古車のオークションの相場などを基本としてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、走行距離などに応じた減額、加算をしたら最終的な価格を決定することが可能だからです。

    自分の足で実際にお店に行くことをしないで、一度に何店もの見積もりの額を比較したり検討したり出来るのが、中古車の一括査定サイトです。

    ネット環境が整っていれば、簡単に誰でも時間の節約が可能です。

    でも、見積もりの依頼を一度に多くの店舗に依頼しているので、致し方ない面もあるのですが、電話連絡が複数の会社から一気にかかってくるでしょう。

    買取業者からの電話攻勢に強いストレスを感じるようになったり、しつこく売ることを迫る店舗もある欠点が同時にあることを知った上で一括査定サイトを使うことが重要かもしれないのです。

    買取業者が来ていざ実物の査定をするとなると、たばこの臭いが車内についていたりペット臭などがあるとマイナス点をつけられてしまいます。

    そんなにニオイを感じないようでも、いつも乗っているため車のにおいに慣れてしまって、言われてから「そういえば」と思う人も多いようです。

    査定前に誰かにニオイチェックを頼むというのも手です。

    布用消臭スプレーや空間芳香剤などを多用しても消し切れるものではありませんから、温タオルや中性洗剤などを使い、ていねいにニオイの発生源をなくしていくのが有効です。

    年度末で商戦華やかな3月と、真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    中古車販売業者の多くはできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、このチャンスを逃す手はありません。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定はどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    車の処分を考えている際に個人ができる方法は、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい業者間の競争心を煽り、結果的に高値で売却することも可能です。

    一方、ディーラー下取りでは価格を比較する相手がいないので競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはありません。

    どちらを選ぶかは車の持ち主次第です。

    買取業者に車を査定してもらう時は、車で買取店舗に直接行くか、でなければ出張査定サービスを利用するのもありです。

    車を売ることが近所には知れてしまうかもしれませんが、それでも良ければ査定士に出張してもらうことは、高値売却を狙えるということで利用者には有利です。

    自分で業者に持ち込むと1店ずつしか回れませんが、出張査定なら数多くの業者による同時査定も可能ですから、同業他社と査定額を争うことになり、高値売却が見込めるのです。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、走行距離のメーターが10万kmを超えている車は、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    しかし諦めるのはまだ早いです。

    少々面倒ですが廃車手続きをすれば自動車税の還付を受けることもできますし、過走行車や事故車専門店に相談するというのもありでしょう。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに個別に査定を行うので必ず値段がつきます。

    専門業者と廃車ではそれぞれ異なるメリットがあるので、自分自身がこれならいいと思う方法を選ぶことが大事です。

    誰も乗らなくなってメンテナンスもしなくなり、放置されて車検切れになっている自動車でも売ることは可能です。

    売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、現地まで査定士に来てもらって見積もりを依頼しましょう。

    車検が切れた状態の車でも買い取りしてくれる会社ならば、無料で車を取りに来てくれる店舗がほとんどだと言って良いでしょう。

    一方で、売却する前に車検を通すことはさほど意味がないのでやめましょう。

    事前に車検を通すためにかかったお金の方が高くなる事が多く、査定金額アップはあまり望めないため損してしまうのです。