トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    何社かの買取販売店から査定をしてもらうことを一般的に相見積もりを取るといいます。

    これをどこにいても実施できるようにしたのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

    一括査定サイト以外にも相見積もりという言葉を使うことがあり、複数の買取業者に同じ日の同じ時刻に現実的に車を見積もってもらい、査定金額を提示してもらうという意味もあるのです。

    買取販売店の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、ほとんどの会社では、業者の方から自宅などに来てくれる出張査定があります。

    査定士が自宅などに来て実際の車を目で見て確認して、査定額を算出してくれる方法です。

    これは同時期に何社かの業者に来てもらって行っても構いません。

    このようにすれば時短のメリットもあることですし、同じ時に査定した査定スタッフ同士で査定金額の価格競争が起こるので最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、大きく分類して車種やボディカラーなどの基本となる事項や、走行距離数がどのくらいであるかや、外装にキズがあるかどうか、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、最終的にその車の査定金額が決定されるのです。

    査定士が実車を査定するときは所有者が立ち会う必要があるなどとする規定は聞いたことがありませんが、当事者がいないがために起きるかもしれない問題を回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、車の持ち主が訪問査定時に立ち会った方が良いでしょう。

    今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、所有者がいなければわかるまいと自分で傷を捏造して不当な安値で買おうとする業者もいるようです。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    ひとつはカーディーラーで車を買い、同時に下取りとして査定してもらうことです。

    車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、普段から車を使う人にとっては足がない期間の心配が要らないので良いのですが、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると低い買取り価格になるようです。

    そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

    一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に買値アップが期待できます。

    どちらを選ぶかは車の所有者次第でしょう。

    10対0で先方に過失があって追突され、車に損傷が生じた場合、当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですから査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。

    原因となった事故の相手にこの損失について補償を求めるとなると、ケースバイケースとしか言いようがありません。

    仮に当事者同士で話し合っても自動車保険会社は支払い対象外とすることがほとんどだと思います。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所と協議したほうがいいでしょう。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、通常の普通自動車を買取に出したりしないでそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

    廃車にするのが軽自動車だったときには、自動車税が月割で返金されることはないのです。

    しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、残りの税金分を中古車買取店が査定額に上乗せしてくれることもあるのです。

    いくら良心的な業者が存在するといっても、自動車税の取り扱いをどうするかについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。

    中古自走車を売却する際には、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

    所有する車の相場が知りたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券が必要書類と言うことになります。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いするところが違ってきます。

    一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けば良いですし、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。