トップページ > 茨城県

    このページでは茨城県で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも非常に大きく関係するのが走行距離です。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定額はどんどんダウンします。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は多走行車という名称があり、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    総走行距離が10万kmより多い車は過走行車という扱いを受け、全く査定金額が出ない場合もあるのです。

    一般的に、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

    残された遺族で相続の手続きをするときや、自己破産の申告を行うときの資産証明を必要とする場面で車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)にその車の査定額を見積もってもらわないといけません。

    JAAIの事業所は全国展開していて、50ヶ所以上あります。

    そして、無料で査定してくれるわけではありません。

    さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。

    事故車などの修理の履歴は、もし嘘をついて中古車買取の査定に出したとしても査定士には瞬時にそれと分かってしまいます。

    事故や故障での損傷が軽く、完璧に修理されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、正直にハッキリと伝えた方が無難です。

    もし多くの買取業者で同じように値段が付かないと査定された場合には、事故および故障車専門の買取会社にて相談するといいですね。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が総じて査定額が高くなるという俗説があります。

    光源が少なくはっきり車を見ることができないので、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。

    実際には時間を問わず短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが良いのです。

    査定金額には有効期限がありますし、価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、自然と査定額もアップするでしょう。

    新しい車をディーラーで買う際についでに下取りもお願いしてしまうのであれば、次の車が届くまでは古い車に乗り続けることができます。

    しかしながら自分で買取業者を探して売る場合は、話は別で、新車納入まで引き取りを待ってくれることはまずありません。

    通勤通学などで車がなければいられないという場合は、あらかじめ査定を依頼する前に必ず代車の手配の有無を聞いておくべきです。

    同じ業者でも店舗が違うと取扱いの有無は変わるのでしっかり確認しておかなければ後でとんだ出費を強いられます。

    年間走行距離数は1万キロ前後と想定されています。

    年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて査定時にもその程度ごとに減点対象となり、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障していることが多く、敬遠されることがあります。

    自分の所有する車を売ろうと思ったときの選択肢には3つあって、第一は自動車買取会社に売却すること、ディーラーに下取りしてもらう方法、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。

    オークションをするときには、車の外装や内装の状態写真や説明を他の人が読んだときになるべく理解しやすく記載することが後々起こるかも知れない面倒なトラブルを避けることになります。

    さらに言えば、売却が成立してしまう前にその自動車の現物を観察してもらうことは重要です。

    これ以外に重要だと感じた事柄については、書面にしたためてサインや印鑑を押してもらって、二人が持っているようにすれば良いでしょう。

    車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

    初めにネットの一括査定サイトを活用して、現物確認なしの仮査定額をチェックします。

    次に業者が来て実車査定を行い、実際の査定額(買取額)が提示されます。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ満足な価格になったところで契約書を交わします。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、先方による書類上の手続き等を経て売主の口座に売却代金の振込があります。

    乗っている車を手放そうとする際には、万が一故障している場合には査定スタッフに申告するようにしましょう。

    故障箇所の申告は必要でも、修理することは必要ありません。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、予め修理を依頼してから査定に出すのではむしろ損してしまうことの方が多いのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と自分自身で修理してもらうときの金額とでは、業者が修理に出す方が大幅に安いのです。

    こう言うわけで、修理にかかった費用以上に査定額に反映された金額が上回ることはないのです。