トップページ > 東京都

    このページでは東京都で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    車体に凹みやキズがある中古車は低い査定金額を提示されることがほとんどです。

    そうはいっても、それを回避しようとして買い取りに出す前に個人修理することは止めた方が無難です。

    自分でキズやへこみを直したといっても、修理に要した費用以上に見積金額が高くなるケースはまれだからです。

    車を自分で直そうと考えるより、買取が成立した後に、中古車販売店が提携している業者に修理依頼した方がコストを抑えることができてしまうからです。

    買取業者との間で車の売却の時に発生するかもしれないトラブルにはいくつかあるでしょうが、トラブルの中には大変たちの悪いものもあるのです。

    査定額に納得して車を手放した後から、再チェックで問題箇所が出てきたからなどと理由を付けて実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、あわてずに消費者生活センターや警察などに相談してみることをオススメします。

    その程度も関係してくるので一般論ですが、煙草の臭いが車内からするときには買取の見積もりをする際にマイナスになります。

    過去に喫煙したであろう車は、禁煙車を希望している人には買ってもらうことが大変難しいからです。

    これらのたばこ臭さの元凶になっているのは、車中のどこかに付いているヤニ汚れです。

    買取査定に持って行く前に車内を念入りに掃除することで、少なからずタバコの臭いを消すことが可能になるでしょう。

    一般に海外の車というと国産車に比べて、業者による買い取りの際は値段が安くなりがちです。

    外国車としては名の売れた車でも、日本全体の車の量で考えると二大国産メーカーのそれと比べても極めて少なく、実績値のメタデータも少なく、仕入れれば売れるというものでもないので査定額も地域や店舗によって差が出やすいのです。

    つまり輸入車を高く売る最良の方法としては、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    ウェブの一括査定サービスなどを活用すると、複数業者の査定額が本当に簡単に手に入ります。

    売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほどあまり買取り価格に響かないと考えて良いでしょう。

    けれどもスタッドレスタイヤを使用しているなら、普通のタイヤに交換してから売るほうが良いです。

    スタッドレスだからといって買取拒否されることこそないものの、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的にはノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してから市場に出すというプロセスが加わります。

    従ってその手間賃と実費の分、引かれた額が買取額となります。

    見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを得るためにはそれなりの努力が必要です。

    それは意思表示です。

    つまり、提示金額次第ではここで契約してもいいという意思がある旨をアピールすることです。

    商品となる車の引取りの日にちがここで決定するとなると業者としてはこれからの販売見込みがはっきりするので、お互いに金額交渉が円満にまとまる率が高いのです。

    新しい車を買う時に古いほうが不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると大幅に時間も手間も少ないというメリットがあります。

    ただし、金額的に考えるとディーラー下取りと業者買取りなら、一般に下取りのほうが安価になるのは確かです。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりなら中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、かつ結婚などで姓が変わったり引っ越しなどで住所が変わっていなければ、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は自動車購入の際にも入り用になってきますから、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    ちなみに有効期限は印鑑証明書を取得した日から3ヶ月です。

    中古車売買をする予定ができたら早めに印鑑証明書を取っておくと、契約手続きの際にスムーズに事が運ぶでしょう。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人であるときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、すべての債務の返済が済むまでのあいだは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

    もし返済中の車を売るのなら、ローン会社から特別に許可を得れば、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。