トップページ > 岡山県

    このページでは岡山県で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    大抵の場合、走行距離が長くなるにしたがって査定金額は低下していくのです。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は通常「多走行車」という呼び名があり、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    10万kmを越えて走っている車は一般に過走行車といわれ、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    オンラインで中古車一括査定サイトを利用するときのにデメリットになることは、一括査定サイトに登録されている会社から電話で一気に売却を勧誘される事があります。

    自分からサイトを利用してアプローチしたわけですから、一口に悪いことだと片付けられません。

    でも、とてもしつこく電話が掛かってくる際には、車を売る決心をしていなかったとしても「もう手元に車はありません」と言うのが一番楽に断る方法でしょう。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、大きく分類して車体の色や車種などの基本的なスペック、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、車の内部の臭いや汚れの有無、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

    以上のような確認項目に該当したらその分マイナスしていって、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    以上の結果と今現在の査定相場を総合的に判断して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    査定で業者に来てもらうなら夜間や雨天のほうが金額的に有利だという意見は根強いようです。

    ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。

    ただ、そんな儚い期待を抱くより、来てくれるならいつでもという構えで短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが良いのです。

    査定金額には有効期限がありますし、価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、おのずと査定額も上がってくるというものです。

    業者が提示した買取額で了解し、売買契約に署名捺印するとなれば、複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

    普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので気をつけてください。

    基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、自動車税納税証明書の用意は必須です。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなく三文判でも大丈夫です。

    ただ、シャチハタは使用できません。

    現在使用中の車を売ってしまうとこれから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。

    家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、仕事や通勤などで車が必須であればやはり代車手配ということになるでしょう。

    とは言うものの、中古車買取店ならどこでも代車の手配を受けてくれるというものではありません。

    次の車の納車まで間が空きそうなら、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、10万km以上走っている過走行車などは、売却のために査定に来てもらってもタダ同然の価格になってしまうのがほとんどです。

    あとは個人でできることといえば、自ら抹消登録を行い廃車にする方法なら多少は自動車税の戻りが期待できます。

    そしてもうひとつは、ワケありの車を専門にしている業者に打診する方法もあります。

    そこでは車は部品の集合として扱われ、パーツごとに細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

    簡単さでは専門業者に勝るものはないですし、納税したばかりなら自分で廃車手続きするのもありです。

    どちらにせよ、自分自身がこれならいいと思う方法を選ぶことが大事です。

    車を売却しようと考えたときに、車体のカラーは大きく見積もりに影響を与えます。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えて汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    車体の色が定番色以外の場合には、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

    いくら査定したときに流行の色だったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間に流行が廃れているかも知れないからです。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、溝が磨り減っているとマイナス査定になります。

    しかしながら、車を手放す前に新しく購入してタイヤを付け替えてもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、行う必要性は全くないでしょう。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、買取査定に出す前にノーマルタイヤに戻した方が賢明です。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、減点対象になってしまうことがほとんどですから。