トップページ > 大阪府

    このページでは大阪府で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、査定額が大幅にマイナスになる元となってしまいます。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が同様に修理歴車として見積もりされることにはなりません。

    車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    オンラインで中古車を一括査定できるサイトの中には、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

    結果を連絡してもらうために電話やメールは記載しなければなりませんが、個人情報はできるだけ開示したくない方は積極的に利用すると良いかもしれません。

    さらには、連絡先も教えずに相場を簡単に知る方法もあります。

    それは、手持ちの車の車種や年式などの情報をメーカーのサイトに入力すると、現在の参考相場が分かる場合があります。

    この参考値は大変大雑把な価格ですから、信頼性に欠ける面があるのは否めないでしょう。

    買取業者との間で車の売却の時に発生するかもしれないトラブルには何個か考えることができますが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれて売却金額を下げられてしまう事も実際にたくさん見受けられます。

    最も悪質と思われる業者の場合は、車だけ業者に渡すことになって、引き替えにお金が入らない場合もあるのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    現在使用中の車を売ってしまうと今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。

    代替となる手段がある人は別として、どうしても車が必要だという人の場合はやはり代車手配ということになるでしょう。

    とは言うものの、中古車買取店ならどこでも代車の手配をしてくれるわけではないので注意が必要です。

    車がないなんて考えられないという人なら、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、会社ごとに聞いておくと良いでしょう。

    過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。

    ただ、それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、そうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。

    では、その損失分を事故の相手方に払ってもらえるのかというと、ケースバイケースとしか言いようがありません。

    個人間で調整したとしても保険会社としてはそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所のアドバイスも仰ぎ、次のアクションを起こしましょう。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、実際に売却する段階になれば、必要な書類はひとつやふたつではありません。

    また、役所で発行される印鑑証明書などは代理人が行けば後日郵送になってしまいますし、姓の変更があった場合や現住所と書類の住所が一致しない場合は別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。

    売却の意思が堅いのでしたら時間があるうちに書類を揃え始めたほうがあとあと楽でしょう。

    買取業者に出してもらった査定額は、ずっと有効なわけではないのです。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、査定額には一定期間の保証を付けている買取会社がほとんどです。

    査定金額を示されたときに売ることを躊躇してしまうような場合は提示された査定額の有効期限がいつまでなのかしっかりと確認しておかなければいけません。

    査定金額の補償期間については交渉次第のところもありますが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。

    残っている期間によっても異なりますが、「車検」は査定金額に影響します。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が残っている方が有利です。

    かといって、車検が一年も残っていない状態ではさほどプラス査定にはならないのです。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。

    車のローンを完済する前でも売却する方法がないわけではありません。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されている必要があります。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、完全にローンを返し切るまでは当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。

    もし返済中の車を売るのなら、ローン会社から特別に許可を得れば、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。