トップページ > 北海道

    このページでは北海道で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    売却予定の中古車の査定額が低下する主となる要因には何点かあるのですが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、売却予定の車が事故車や故障車で修理したことがあるケースです。

    場合により見積金額が0にまで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    かといって、事故などで修理した車すべてが修理歴車と必ずなってしまうとは限らず、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    中古車専門の買取会社の中には沢山の種類があって、軽自動車を専門的に扱ったり、輸入車や事故車を扱うなど、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、やはり軽自動車の販売に長けている店舗に売却した方が高い金額で買い取ってもらえることでしょう。

    ある特定のジャンルに秀でた業者はネット上の無料一括査定サイトを使ったときに、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、そこで判別可能です。

    なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、幾らか見積もりが高くなると言う話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    夜間の査定は暗くてよく見えませんし、雨だと水滴が邪魔をして外装の汚れや傷などが分かり難くなるということから夜などに査定を依頼した方が良いと言われているようです。

    でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。

    年度末で商戦華やかな3月と、真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は自動車の販売は好調です。

    どの中古屋でもできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。

    いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額が最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも訪問査定をしてくれます。

    夜間査定のほうが昼間の自然光よりもボディの傷が目立たないため、査定には有利であるという話も聞かれます。

    しかし、言われているようなことは現在ではまずありえないです。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    また、綺麗に洗車してある車の場合は明るい時間帯のほうがより美しく見えますし、査定は総合評価ですから、天候云々では期待するほど査定額に違いはないでしょう。

    査定士に買取対象となる車を直接見てもらうなら、必ずしも車で店舗まで行く必要はなく、家などに出張して査定してもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    ほとんどの買取業者は出張査定は無料としています。

    上手くこれを活用すると、まとめていくつもの業者を来させて競合見積りさせることも可能です。

    競争心が生じるわけですから、結果的に高額査定に結びつくのです。

    同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、時を同じくして中古車を査定してもらうことを「相見積もり」といいます。

    この方法を取ることによって生じる利点は、その場に居る査定スタッフ同士が価格競争をして見積額の引き上げを狙えることでしょう。

    相見積もりをあまり快く引き受けてくれない会社も中にはあるのですが、相見積もりに難色を示さないところは車を購入したいという意欲が高いところがほとんどで、買取業者間の査定額競争が激しさを増すと予想されます。

    相見積もりは車をなるべく高く売るために効果的な方法といえるでしょう。

    もう既に支払い済みの自動車税が残りの月数分返却される事があり、これは普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずにそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

    廃車にするのが軽自動車だったときには、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    いくら良心的な業者が存在するといっても、自動車税の取り扱いをどうするかについていちいち説明してくれるとは限りません。

    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    何点かの書類が必要だといっても、車関連の書類をなくさずにひとまとめにしていて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて車を買うときにも必要になってくるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    車を売却すると決めたのならば直ぐに印鑑証明書を取得しておくと、後々手続きが順調に運ぶことになります。