トップページ > 北海道

    このページでは北海道で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    車の査定金額が下がる主要な原因は幾つか存在しますが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    車によっては査定金額が0円まで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    かといって、事故などで修理した車すべてが修理歴車と必ずなってしまうとは限らず、いわゆる車の骨格にあたる部分にまで傷が広がっていて、甚大なダメージを修理してあるのが修理歴車なのです。

    お店に行って車の査定見積もりをしてもらう時間が取れないときなどには、たいていの買取業者で、出張による査定見積もりを受けることが可能です。

    中古自動車査定士が自宅などに来て実際に車をチェックして、査定額をはじき出してくれるのです。

    この出張査定は同時に何社かの査定スタッフに出向いてもらうことも可能です。

    一気に複数の業者に依頼すれば時間短縮にもなりますし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で自然に価格競争が起きてきますので結局のところ査定額が高くなる事が多いと言えるでしょう。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、自分の名前を記載せずに査定を受け付けてくれる場合もあります。

    見積もりの金額を教えて貰うために結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。

    メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、現時点でのだいたいの価格相場を把握することができるでしょう。

    しかしながら、出てきた金額はアバウトすぎる傾向がありますから、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、買取価格がいまいち伸びないというお約束があります。

    知名度の高い外車であっても国内流通量は国産車より圧倒的に少ないため、市場で安定したニーズがあるとは言い難く、あまり高額で買い取っても業者の利益が確保しにくいのです。

    安値で買い叩かれないようにするためには、出来る限り多くの買取店に査定してもらい、最高値をつけた業者と交渉することです。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うとたった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で普通、10000kmが目安と言われます。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、5万を境にどんどん査定は減点されていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いでタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化しているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    売却したい車で店舗に乗り付けて査定してもらうつもりなら、繁忙期などは待たされることはあるかもしれませんが、予約は要りません。

    但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、相場もわからなければ価格競争もありません。

    仮に相場を無視した大幅な安値で売ってしまう可能性もあるわけです。

    スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうが価格面で良い結果が得られるので、いま一度考えなおしてみましょう。

    充分な心構えを持っていたとしても、予測しないトラブルに遭遇してしまうことがあるのです。

    中古車を売る時に時折見られる事案としては、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げると通達される場合があるのです。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならば責任があるのは自分側です。

    しかし、自分が何も悪くないときには、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    でも、査定金額の上乗せを期待して車検を通してから車を売却する必要はあまりないと言って良いでしょう。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。

    近頃市場に出回っている自動車ははじめからカーナビシステムがついているのがほとんどです。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには評価してくれる可能性が高くなります。

    高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまってカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。