トップページ > 兵庫県

    このページでは兵庫県で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    大手チェーンの中古車販売店の多くは、常時たくさんのキャンペーンを開催していることが多いです。

    キャンペーンのほとんどは車売却の際に受け取れるのが一般的ですが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施するとポイントと交換できるなどです。

    査定だけをしてポイントを稼ぎ、買取自体は断ってもOKなので、このようなキャンペーンが開催されているのを発見したら申し込んでみると良いですね。

    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、好き嫌いがありますので、減額査定される可能性が高くなってしまいます。

    原色系はマイナス査定されやすいと言っても、査定価格はその時点でのオークションの相場により上下しますので、流行次第である特定の車体色が査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    一般論を言うと、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、査定書を望んでも発行してもらえない場合が多いのが現状です。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで詳細な査定金額が明記された証明書が欲しくなったら、日本自動車査定協会、通称JAAIにその車の査定額を見積もってもらわないといけません。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、車の査定には幾らかの料金が発生します。

    それから注意点としては、前もって予約が必要になることです。

    査定で業者に来てもらうなら夜間や雨天のほうが高額査定が期待できるという説があります。

    晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、査定士が気づかず減点されずに済むからというのが理由です。

    しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。

    それより、来てくれるならいつでもという構えで出来るだけたくさんの業者に査定させる方がずっと良い効果が得られるでしょう。

    誰だって自分が契約を取りたいに決まっていますから、自然と査定額もアップするでしょう。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにも注意すべき点があります。

    当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書は署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど値段、手数料といった金額に関連した文言はかなり注意して読まなければいけません。

    表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、それで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    買取対象の車を直接見て査定してもらうためには、店舗まで車を持っていく以外に、家などに出張して査定してもらうことも可能です。

    中古車買取業者のほとんどが無償で出張査定を行っています。

    上手くこれを活用すると、まとめていくつもの業者を来させて同時あるいは同日査定で見積りを出してもらうこともできます。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、査定額が全体的に高くなる傾向があります。

    自動車が欲しいという人が多い時期は、売却サイドから考えても高値で取り引きできるチャンスです。

    自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、それにつられて買取価格も上昇していきます。

    3月と9月は企業の決算月にあたるので通常よりもお店は車の販売に力を入れてきますから、自動車売却時の価格交渉も自分に有利になるように行える場合が多いと言えます。

    決算月であることに加えて、9月は夏のボーナスが出ている状況で車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。

    自分の車を売りに出すときに、そのまま現金で持ち帰りたい人の場合は、即金に対応している買取業者を探してください。

    即金対応可能と謳っていなくても、即金でお願いしますと言えば検討してくれる買取店もあるのです。

    そうは言っても、その場で現金を持ち帰りたいという時には、自分の足元を見られることになり、低めの見積額しか出してくれなくなる可能性が高いのです。

    現金をすぐに手にしたいのか少しでも良いから高く売却したいのか、優先順位はどちらが上なのかを判断して、後者が上回るのであればすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。

    過去に事故を起こした車や総走行キロ数が10万kmを越える車だと、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、事故車でも過走行車でも引き取るという業者を探してみるのも良いかもしれません。

    その場合は使える部品や部位については見積もって買取価格を提示してくれるのです。

    税の還付なら廃車、手軽さと金額のバランスなら業者でしょうが、結果的にトクする方を選んでください。