トップページ > 兵庫県

    このページでは兵庫県で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    売却予定の車を査定に出したときに、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    一般的に、過走行(走行距離10万キロメートル越え)の車だったり、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは査定額が出ないことがあるのです。

    複数の買取業者で見積もりを出してもらっても同様に査定額がつかないケースでも、廃車にすることを前提として買い取る業者に買い取り依頼することもできますから、買い取ってもらうことを断念する事はないのですよ。

    車の買取業者にはそれぞれ特色があり、軽自動車や事故車、輸入車などあるジャンル限定の車販売が得意だったり、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    たとえばの話、自分が乗っている売却希望車が軽だったら、軽自動車限定で扱っている会社に売った方が高く引き取ってもらえる可能性が出てきますよね。

    ある特定のジャンルに秀でた業者はネット上の無料一括査定サイトを使ったときに、そのほかの買取専門店よりも査定額が幾分高く表示されますので、それと分かるのです。

    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、幾らか見積もりが高くなると言う噂があります。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であると言う理由からまことしやかにささやかれているようです。

    でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。

    10対0で先方に過失があって追突され、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、ガタッと査定額が下がってしまうことがあります。

    原因となった事故の相手にこの損失について補償を求めるとなると、ケースバイケースとしか言いようがありません。

    保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としてはそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所のアドバイスも仰ぎ、次のアクションを起こしましょう。

    頼んだ買取業者のすべてからタダ同然の値段やゼロ円という査定をされてしまったら、所有者が選ぶ道は2通りあります。

    費用を払って廃車手続きを行うか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    過走行車廃車専門の業者は引き取った車を単体で売ることはあまりなく、使用可能なパーツに分けて売るといった方法で流通させるのがどちらかといえば本業です。

    だからこそ普通の業者で断られるような車も買取が可能なのです。

    そのほか、廃車にする手続きも代行してくれるので、迷ったらこうした業者を利用すると良いでしょう。

    自分自身で車を運転して、中古車の買取りを行っている店に行って当日中に査定してもらいたい時は、曜日や時間帯によっては短時間には終わらないかもしれませんが基本的に飛び込みでも大丈夫です。

    けれどもこうした場合は基準となる相場もわからないまま価格交渉に臨むことになります。

    仮に相場を無視した大幅な安値で売ってしまう可能性もあるわけです。

    複数の会社に訪問査定を依頼した方がより高い額で売却することができます。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。

    一般的な普通自動車の売却に際しては車検証以外に実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書を用意することになります。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いする場所が違うのです。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。

    自動車売買に関する手続きの全てを他人に頼らずに自分の手で行える知識と時間があれば、個人売買で自動車を売る方法が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    でも個人売買するとトラブルが起きやすいのも事実です。

    その中でも頻繁に起きるのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    車の名義変更に関しては、両方が話し合って決めた日までに必ず行ってもらうことを念書にしたためるようにして下さい。

    後者の場合には1回目だけ支払って2回目以降はそのまま逃げられることもあり得ますので、現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、プラス住所や苗字の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は自動車を買うときにも提出が求められますから、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    ちなみに有効期限は印鑑証明書を取得した日から3ヶ月です。

    車を売却すると決めたのならば直ぐに印鑑証明書を取得しておくと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。