トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合では残っている期日に応じて査定額が変わったりはしないのです。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、売る前に車検を実施してもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格に上乗せされて得をすることはないので、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    ネット上に沢山ある中古車一括査定サイトを使うと、売却予定の車のおおよその査定相場を知ることが可能なのですごく便利ですね。

    携帯やスマホから申し込むことができますから、空き時間や移動時間などちょっとしたスキマ時間を有効に使えます。

    しかしながら、注意点があって、申し込んだ買取業者から一度にたくさん電話連絡が来るようになるので、電話連絡がストレスになるようならば、連絡手段にメールを選択できるサイトで登録するようにしましょう。

    中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、ごくごく一部には、中には極悪な買取業者もあるのです。

    手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。

    所定の契約手続きをしないで何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。

    買取業者に中古車を買ってもらうには、まず見積りをもらうところがスタート地点です。

    ネットの見積りサイトでわかるのはあくまでも簡易査定ですので、業者による実車査定を終えてから、正式な見積額が出てきます。

    価格と説明に納得すれば、車検証など必要書類一式や印鑑証明などを揃え、その業者と売買契約を締結します。

    契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった型通りの手続きをもって指定した口座にお金が振り込まれ、金額が合っていることを確認したら売却の手続きはすべて終わったことになります。

    営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、10万を超えると過走行車となり、値段がつけられないと言われることも多いです。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことをここで書くつもりはありません。

    過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    出来るだけ高額の査定を引き出したいと思ったら、たくさんの業者から査定を受けることが大事です。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに買取業者にそうそう何件も足を運ぶのは難しいです。

    中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。

    買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、短時間で手続きが済みます。

    唯一の欠点は複数の会社から電話が来ることです。

    チェックを入れた会社から営業電話が集中しますので、あらかじめ何社かに絞って依頼したほうが良いでしょう。

    「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約すると言うことは、車売却時に限定したことではなくてさまざまな売買を行う上で大変重要になってきます。

    自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、そこに書かれていることは全て法的に力を持ったことになります。

    契約書に書かれた自動車の状態に問題はないか、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、じっくりと確認することが大切です。

    疑問点が生じたら遠慮せずにスタッフに質問することも重要になってきます。

    中古自動車の売却の時には、万が一故障している場合には査定スタッフに申告するようにしましょう。

    故障箇所の申告は必要でも、修理することは必要ありません。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、事前に修理したからといってむしろ修理をすると損するのです。

    中古車買取店が故障した箇所を修理に出すときにかかるお金と事前に一個人が故障箇所を直すのにかける費用とでは、前者の方がグッと安くて済むのです。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。

    どのくらい残っているかにもよるのですが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    勿論、車検が切れてしまっている車より車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだとほぼ査定額に影響を与えません。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。