トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、中古車の見積もりにかかる時間は実質約10分少々で済みます。

    それほど時間がかからないのは、その車種毎に今の時点でのオークションなどの相場をもとにして事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、ベース金額から走行距離、さらには車の各部位の状態などを確かめてから、車の状態に応じた査定額のアップダウンをすればその車の最終的な価格を算出することができるからなのですね。

    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると査定にプラスされることが多いようです。

    しかしながら、最近発売された車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。

    また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、車にカーナビがついていない状態ではマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。

    中古車の売却を考えたならば、先ずした方がベストなことと言えば、売却予定の車のおよその査定金額相場を把握することでしょう。

    今の査定相場金額を知ることで異様に安く買い取りされる危険性を大分減少させることが可能ですし、相場の金額よりも高値を付けてくれた店舗にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。

    複数の買取業者にWeb上からアクセスして一括査定できるページが存在するので、ネット環境が整っていれば、自分の車の査定相場を知ることは簡単ですね。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなく初年度登録(車検証を見るとわかります)がベースなので気をつけてください。

    価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、買う側から見れば10年落ちで安い価格帯になっている車の中には状態の良いものもあるわけで、探し方次第では掘り出し物が見つかるかもしれません。

    パーツを交換したり付加するといったいわゆる改造車は、中古車市場ではあまり良い査定を得られないと言いますが、実際に車を見てみなければ何とも言えません。

    例えば改造パーツが流行りの品物であったり現在も人気が高いのなら評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、肝心のパーツが傷んでいたりすると中古車市場に出す前に業者が補修する必要があるので、その分だけ減点されるはずです。

    ほかに、斬新すぎたり極端な外観のものも売りにくいものとして敬遠され、マイナス要素になりえます。

    減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    車を売りたいので価値が知りたいという人は多いでしょう。

    その際、プロの査定を受けるやり方は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古車買取業者の査定より引取り額が低くなるのは避けられません。

    そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

    一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に買値アップが期待できます。

    どちらを選ぶかは車の所有者次第でしょう。

    中古自動車を売るときなどは、きちんと心構えをしていたとしても、予期しないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるでしょう。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引く場合があります。

    売るときに事故や故障の履歴などを隠していたのならば悪いのは売り手側です。

    しかし、自分が何も悪くないときには、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、自ら承服する必要はないと言えます。

    中古車買取会社から営業電話がたくさんかかってきて面倒な思いをすることもあるでしょうが、何店かの買取業者から見積もりを取るのは自動車を高く売却するために大切です。

    相場を知っていないと業者との交渉もできないでしょうし、沢山の買取業者から見積もりを集めるのが相場を知る一番の近道だからです。

    「即決すれば高く買い取りできます」などの営業トークに惑わされて急いで売却するのは賢明ではありません。

    車売却のような大きな契約は先ず焦らないことが、自動車を高く売却するコツと言っても良いでしょう。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

    そのあとで実物の状態を業者が確認した上で、買取金額の提示となります。

    安いと思ったら断るか、もしくは交渉を経て引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    契約締結後に車を業者に引き渡し、それから移転登録等の手続きが終わってから業者から売却代の振込があるのが普通です。