トップページ > 東京都

    このページでは東京都で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    たいていの場合、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、望んでもくれない場合が大半です。

    例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで車の査定書がどうしても必要になった時には、日本自動車査定協会(JAAI)に査定を依頼する必要が生じます。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、有料での査定になっています。

    さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証、及び自賠責保険証明書の2通のみなので、あちらこちら書類を集めたりする手間は掛からないと言えます。

    でも、実際に売却をする際には名義変更の手続きを踏む必要性が生じますから、その上、自動車税納税証明書、および印鑑証明書などのいくつかの書類が必要になるのです。

    最近、結婚したり転居したりして姓や住所が違って、車検証や印鑑証明の記載内容と違ってしまっている場合には追加の書類が何枚か必要になってくるので、身辺の移動があったときには売却に関しての必要書類を早めに確認しておくと良いでしょう。

    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、中古車の買取に出す前に充分に清掃しましょう。

    修理や事故の記録は残りますから、自ら話さなくてもすぐに見破られます。

    しかしながら、付着した臭いや汚れなどに関してはいくらかは自分でメンテナンスする事で片付けることができるはずです。

    また、最近では車内禁煙が一般的ですから、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    基本的なことかもしれませんが、先に準備しておけばいざ査定というときにバタバタすることもなく、高い値段で引き取ってもらえる可能性が高まります。

    まずは出来るところから、掃除を徹底しましょう。

    それから他メーカーのパーツに交換した車の場合は、元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

    メーカー純正パーツの車というのは買取り査定ではプラスがつく可能性が高いのです。

    それと、短い時間で売却したいならあらかじめ必要書類を揃えておくと良いでしょう。

    実車査定を受けるために、買取業者のところに車で行くのではなくて、自宅や仕事先まで来てもらうことも可能です。

    ほとんどの買取業者は出張査定は無料としています。

    この時に幾つかの業者に一度に来てもらって同日中に各社の見積額を出させることも可能です。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、査定額が全体的に高くなる傾向があります。

    買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。

    しかし手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    無料査定が基本の中古車業者のCMなどを見た後には特に忘れがちなことですので、下取り査定に取りかかる前に、手数料等の有無を念のために確認するようにしてください。

    仮に有料だったとしても、そこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    車検を通らないような改造をしてある車でも、売却可能です。

    しかし、何処にでも在る一般的な買取店舗では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、査定額をダウンされることを前もって知っておくとベターです。

    もしも改造した車を売りたいのならば改造車に造詣が深くて、改造車販売の道も持っている改造車専門業者に持って行くのが良いでしょう。

    売却車の状態によっては改造車でも思ったよりも高い査定額が出される可能性もあるのです。

    愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを自分で実施可能な暇と知識があるのならば、自動車の売買は個人同士でした方が業者を介さないので最も得をする売り方でしょう。

    でも個人売買するとトラブルが起きやすいのも事実です。

    その中でも頻繁に起きるのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    名義変更関連は、決められた日にちまでに必ず手続きをしてもらうように紙に書き示すことでトラブル回避可能です。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払ってそれ以降は支払いをしないで逃げられることがないように、一括払いだけで対応することでトラブル回避できます。

    どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を充分に理解すると言うことは、自動車に関連したことだけではなくて売り買いをするうえでの重要項目です。

    自分が署名して捺印をすると、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    書かれている車の状態は間違っていないか、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、じっくりと確認することが大切です。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずにスタッフなどに質問する姿勢は大事にした方が良いですよ。