トップページ > 北海道

    このページでは北海道で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう原因には何点かありますが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、その車に修理歴があることです。

    ものによっては査定金額が付かないところまで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    しかしながら、事故や故障で修理してしまうと必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    ご存知の方もいるかもしれませんが、車の買取において、中規模や個人経営のような小規模な店舗と、大企業では査定スタンスが少々違ってきます。

    自前の販売ルートが確保できている大手の企業の場合は、同時に資金力も豊富ですから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、価格の交渉をしようにもあまりその余地がないのが一般的です。

    大手の買い取り専門店と比較して小規模や中規模の場合は、オークションを利用して一つ一つ手売りする場合が大半なので、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれればかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

    以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、隠して買取査定に出したとしても査定士には瞬時にそれと分かってしまいます。

    車体のキズなどが軽く、完璧に修理されているならば「修理車」のカテゴリーに含めないケースもあるので、隠さずに素直に申告した方が良いでしょう。

    万が一沢山の業者で査定しても同様に買取金額がゼロ円になってしまうと言われた場合には、故障車や事故車を専門的に買い取っている業者をあたってみると良いかもしれません。

    中古車を売却した場合、業者からの入金は契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    もし査定金額に満足してその場で契約を決めた場合でも、所有者側で用意する書類が足りなかったり、実印が見当たらないなんてことになれば、契約は不可能です。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、中古車買取業者に査定に来てもらう以前に必要書類を集めておくと良いでしょう。

    それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから間違えないようにしましょう。

    転居で住所が変更になった人は要注意です。

    車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、あとで査定手数料をとられていたことに気づいて憤慨することにもなりかねません。

    例えば下取額が10万円で査定手数料が1万円なら、実質利益は9万になるということです。

    同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っているとしばしば起こりうる失敗です。

    だからこそ、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかしっかり確認しておきましょう。

    無償ではないことがわかれば、かけあいの仕方次第で金額が変わることがあるからです。

    夕方以降や雨天など暗い時を狙って車の査定に来てもらった方が総じて査定額が高くなるという俗説があります。

    光源が少なくはっきり車を見ることができないので、査定士が気づかず減点されずに済むからというのが理由です。

    けれども実際にはそんなことより、来てくれるならいつでもという構えで多くの業者に来てもらったほうが良いに決まっています。

    価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。

    買取業者からの電話攻勢が毎日大量に来るので面倒な思いをすることもあるでしょうが、沢山の会社で査定してもらうことは自動車を高く売却するために大切です。

    査定相場が不明だと買取業者の提示額に頷くしかできませんし、査定金額の相場が分かるためには幾つかの買取業者に査定してもらうのが一番ですから。

    今売却を決めればいくらで買い取りできますよ、などという勧誘文句に誘惑されてその場で売ってしまうのはなるべく避けた方が無難です。

    車売却のような大きな契約は先ず焦らないことが、自動車を高く売却するコツと言っても良いでしょう。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    普通の売買手続きで必要な書類に加え、現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合は売るのは簡単なことではありません。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、型式が古い自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車を買い取りに出す場合にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと調子を崩すことが多くなってきます。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。