トップページ > 北海道

    このページでは北海道で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    たくさんの中古車査定業者から見積もりしてもらうことを通常は相見積もりと呼ぶことが多いです。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、時を同じくして多くの買取業者に売買予定車を目の前で査定してもらい、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    これを嫌がる買取業者も中には存在しますが、たいていは了承してもらえるでしょう。

    なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、少々査定額が高く出るという話があるようです。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をしてキズや汚れなどがあっても分かりづらくなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど経験不足の査定士がいるわけではないのです。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    WEB上で確認できる車の査定額は、どうしても簡易的な方法で見積もりを出したまでです。

    たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車により状態は違って当然ですから、一台一台の具体的な見積額というのは中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    このため、インターネットで前もって得られた相場通りの価格が本当の買取金額になるわけではないので、気を付ける必要があるでしょう。

    普段使っている車を売る際は、一時的に(次の車が納車されるまで)車が使えない期間が生じるおそれがあります。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、日常的に車を使う場合は一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。

    とは言うものの、中古車買取店ならどこでも代車の手配をやってくれるかというと、そうでもありません。

    車がないなんて考えられないという人なら、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、業者に確認しておきましょう。

    消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。

    そして個人から業者への売却に関する事例は右肩上がりに増えています。

    よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

    たちの悪い業者に遭ったり、腑に落ちないことがあれば、消費問題に詳しいプロなどに話してみる事がまず第一です。

    車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、高い値段で引き取ってもらえる可能性が高まります。

    まずは出来るところから、掃除を徹底しましょう。

    ノーマルなら問題ありませんがパーツをいじっている車は、元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

    査定では純正のほうがプラスがつく可能性が高いのです。

    あとは、売却にかかる時間を短く済ませようと思ったら、契約に必要な書類等を先に用意しておくのも有効です。

    車検を通らないような改造をしてある車でも、売ることは可能です。

    但し、普通の買取専門店では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、査定額をダウンされる場合があることを覚えておいてください。

    改造車を売るならば改造車の知識が豊富で、専門の販売ルートを確立している改造車専門店で売却する方がメリットが多いでしょう。

    状態によりけりですが、改造車でも査定額アップが望めるケースもあります。

    現実の査定に出して示された金額は、ずっと変わらないわけではないのです。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    売却予定車の査定金額を見せられたときに売るかどうか判断に迷う場合には提示された査定額の有効期限がいつまでなのかしっかりと確認しておかなければいけません。

    保証期間については交渉することもできますが、保証期間はあまり長くできないのが普通です。

    車を売却しようと考えたときに取り得る行動としては、買取業者に売ること、第二にディーラーに下取りしてもらう方法があり、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。

    オークションに出そうとするときには、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが厄介なトラブルを招かないようにするうえで必須項目になるでしょう。

    それから、実際に契約する前に実物を見てもらうことも重要です。

    その他の大切だと思ったことは「念書」などをきちんと作ってサインと捺印をしてもらうと安心できますね。