トップページ > 兵庫県

    このページでは兵庫県で事故車の買取におすすめの事故車買取業者をランキングで紹介しています。
    「事故車の買取におすすめの事故車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの事故車買取業者をチェックしてみてください。事故車を高く売るために重要なことは、事故車の買取を専門にしている複数の業者にグシャグシャになってしまった事故車の査定を依頼することです。面倒だからといって近くのディーラーで下取りをお願いしても下取りの値段が付かなかったり廃車をすすめられることがほとんどです。また、一般の車買取業者に査定依頼をしても事故車を扱うノウハウがないと同じように買取の値段がつきません。このサイトでおすすめしているのは事故車の買取を専門にしている業者なので、車体がダメになってもパーツをリユース(再利用)するノウハウを持っています。事故車の一括査定サイトを利用すれば、数分の入力で複数の買取業者から提示される買取相場を比較することもできます。大切な愛車が事故に遭ってしまったのは残念ですが、事故車を高く売ってそのお金をまた有効に活用しましょう。
    カービュー

     カービューは、ヤフーの100%子会社で事故車の査定相場が調べられる唯一の事故車一括査定サイト。日本最大級の自動車情報サイト「carview!」を運営しているので圧倒的に知名度が高く、提携業者も200社以上!最大8社に事故車の買取査定の依頼ができます。もちろん、全国対応で出張査定も無料です。事故に遭ってグシャグシャになってしまった車や自走不可能な不動車の買取にも対応していますし、災害などで水没してしまった車にも対応しています。「事故車の買取相場を調べたいけど、複数の業者にアポを取って依頼するのは大変…」と思っているなら、簡単3ステップで事故車の一括査定ができるカービューがおすすめです。






    カーネクスト

     カーネクストは、事故車・廃車専門の買取専門業者。買取の申し込みから事故車の引き取り、その後の廃車手続きまでのサービスを完全無料化しています。元々廃車専門で買取を行っていた業者なので、海外への輸出やパーツのリユース、鉄資源としての再利用など豊富なリサイクルのノウハウを持っています。カーネクストは事故車にも強い買取業者なので「事故した車って買い取ってもらえるの?」という場合はおすすめできます。出張査定も全国に対応していますし、事故に遭って動かない車でもカーネクストでは全国対応で引き取ってくれます。全国どこでもレッカー代は無料。独自のノウハウを持つ事故車・廃車の専門店だからこそ高価買取が期待できますので、一度あなたの愛車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    タウ(TAU)

     タウ(TAU)は、楽天リサーチで3年連続1位を獲得している事故車買取サービス。世界100ヵ国以上への販売ネットワークを持っているので事故車の高価買取が実現します。ただ、注意点としては軽度な事故車や自走できしまう車、事故歴のある車、廃車などは買取できません。事故で本当にグッシャリ潰れている車、自走することができない車、完全に壊れている車が買取対象になりますので、もしそういう状態の事故車をお持ちの場合は査定の依頼をしてみてください。全国の出張査定は無料ですし、動かない事故車のレッカー代金は無料です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、廃車・不動車の買取専門業者。全国対応で廃車の無料見積査定をお願いできますので、「事故で破損がひどくて廃車にするしかない…」、「事故車買取の専門業者でも値段が付かないと言われてしまった…」という場合は、一度廃車ひきとり110番に査定の依頼をしてみてください。一般の買取業者では処分を勧められた事故車でも値段が付く可能性があります。また、廃車に伴う抹消登録手数料や引き取り料は無料ですし、自賠責保険や自動車税、自動車重量税の還付金にも対応しています。ちなみに、法人で使用していた社用車でも買取可能です。







    売ろうと考えている車の査定相場が幾らくらいかを知りたくなったら、インターネット上の無料一括査定サイトを使って知る手段もありますが、売りたい自動車のメーカーのウェブサイト上で参考になる査定額を知ることも可能です。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKでその車の年式や車種だけで検索できるサイトもあるようですから、一括査定サイトを活用した場合のような営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。

    売却予定の中古車の査定額を決める場合に、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定額はどんどんダウンします。

    5万kmを越えて走行している車は「多走行車」と呼んでいて、マイナス査定の要因になり始める場合が大半です。

    10万キロメートル以上の車に関しては過走行車という名称で呼ばれ、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    ご存知の人も居るでしょうが、ネット上において下取りに出したい車の査定金額を一度に複数の企業にお願いできてしまう、多くの中古車一括査定サイトが存在します。

    これらのサイトで査定額を算出してもらったら、必ず売りに出す必要があるわけではなく、いろいろな店に自分で出向かなくても良くなるのです。

    そうはいっても、会社によって電話勧誘がしつこいところもあるので、直接電話されるのが嫌だと思う人は、業者との連絡はメールで大丈夫な一括サイトを選択すると面倒はないでしょう。

    売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほど価格に及ぼす影響は少ないでしょう。

    しかし、冬用のスタッドレスタイヤのままよりは、面倒でもノーマルタイヤに戻した上で売るべきです。

    スタッドレスだからといって買取拒否されることこそないものの、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的にはタイヤをノーマルに戻してから市場に出すというプロセスが加わります。

    当然ながらタイヤ交換費用を査定額から引くので、安くなってしまうのです。

    決算期で販売合戦の激しい3月と、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    どこの販売店でもそうですが、今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    売る時期を特に決めていないのであれば、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのは低調ですので避けた方が無難です。

    たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、中古車買取業者に査定に来てもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。

    このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

    過走行車や多走行車、事故車などを専門にしている中古車屋に打診するというのもありです。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、これからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

    いわゆる事故車だとか10万km以上走っている過走行車などは、何社かの査定士にみてもらっても値段がつかないケースが多いようです。

    残された選択肢はというと、廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    そのような店舗は使える部分の有無を見ていき、査定してもらえるので、一般の買取業者のように値段がつかないということがないのです。

    専門業者と廃車ではそれぞれ異なるメリットがあるので、納得のいく方を選ぶことが大事です。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券を用意しなくてはなりません。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれるところは異なってきます。

    一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けば良いですし、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。

    今乗っている車を手放して売ろうとするときには何点かの書類が入り用になります。

    複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて自動車を買うときにも提出が求められますから、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    車を売却すると決めたのならば直ぐに印鑑証明書を取得しておくと、あとから売買の手続きがスムーズに行くことを実感できるでしょう。